P_20170708_104129


7/8の午前中の個人レッスンです。
サーブでトスアップしてトロフィーポーズに入る直前の写真です。
右手首が少し緩んでいるのが、気になります。

とにかく暑くて大変!!動き出しの確認とフォアーハンドスウィングのチェックが10分程度で終わって
サーブの動きのチェックに50分、トータル1時間のレッスンでした。

動き出しがスムーズに出来たので助かった!!動きが悪いと良くなるまで永遠と続く。
この暑さではへばってしまってなかなか良くならない危険がある。

サーブの動きもだいぶ良くなってきたとのことで、近々ラリーによるスィングチェックに
入るとのこと。
この暑さの中でコーチとのラリーはなかなか大変!!
ボールのスピードが速いうえに回転がかかっているためか、跳ねてくる。
我々レベルのボールだとほとんど力を入れないでスィングできるのに、
コーチと打ち合うと重みが上がってしまって、上体が浮いた感じでのスウィングになってしまう。
自分のスィングが出来ないのである。

このことを相談してみると、『重みは下で、いつも通りのスィングを心がけて打ってください』と言われた。
「そうすると上手くボールが返らない・・・。」その答えは『ちゃんと返球できなくてもいいから、正しいスィングをしていれば段々スピードに慣れて、返球できるようになります』とのこと。
これからの暑い季節にスィングチェック、しかもラリーを通してのチェックとなるのは、
厳しそう!!

楽には上達できないから、と言い聞かせやるしかないですね。