長野のへの移住を決心して一年が過ぎて、いろんな物件を観てだんだん気に入るものが見えてきた。

長野は広いため比較的東京からは近い富士見町から安曇野までに絞っての家探し。

それぞれの地域に特徴があり物件を観るのは非常に楽しい。

 富士見町は山に囲まれ標高が高く非常に寒そう、冬場はマイナス10°を下回ることもあるらしい。

ただどこにいても自然を感じることが出来る、これは点数が高い。(個人的には寒すぎて苦手な場所?)

広い平野がないため、遠くを見渡せるような視界の確保は無理のよう。

出来れば古民家に住みたいが、立派な古民家という感じではなく、ただ古いって感じが多いかな。


 安曇野は田園風景がたっぷり楽しめ、視界も非常に広いいところが多々ある。

標高も600ḿ程度で冬でもマイナス10°を切ることはなさそう。

立派な古民家も多く家も大きい。

農家の建物が多いため小屋や蔵などが付いた物件もある。

ただ、古民家の場合痛みが結構あるため修復にかなりの費用が掛かる。

調べると今の新築を建てるより高額になるとのこと、古民家に住むのは無理かも・・・。


 公営のテニスコートも多いが、市内在住者も市外在住者も同じ金額!!

市の考え方が、あまり住民に優しくない感じがしてちょっと嫌かな。

こんなことも感じながら、いろんな物件を観て回った。

ほんと家探しって疲れる!!


 今年もいろんな方にお世話になりました!!

今年は例年になく公私に渡り助けていただくことが多かったと思います。

来年は、少しでもお返しできるように頑張っていきたいと思います。

来年も皆様にとって良い年になりますように、願っております。

R0015701