先々週の週末にお世話になっているテニス専門店さん主催のテニス大会に参加してきました。
ダブルス4試合にシングルス3試合!!
疲れ果てると思いきや、ほとんどハアーハアーすることもなく
意外に楽に7試合をこなせました。
テニス終了後に3Kmランもありましたが、なんとか完走!

シングルスは今回、以前とは明らかに異なり、楽にゲームを進めることができた。
以前は結構きつくてゆっくり歩いて呼吸を整えることもしばしばだったのに。

どうして楽なの?

間違いなく滝沢コーチの指導によるものと思われる。

とにかく体の力を使わないことがプレーの中の動きのすべてに当てはまる。
だから力が要らない。
当然疲れない!!

サーブも、動き出しも、スィングも全てが力を使わない。
力が入ると間髪入れずに注意される、よくわかるものといつも見る目に感心してしまう。

試合の翌日も身体のどこも筋肉痛にはならなかった。

年をとってからのテニスにこのことは非常に大事で圧倒的に有利だと言える。
「80歳で日本一」にまたほんの少し前進できたのかも。