テニスの動きはできるだけ筋力を使わないようだ!!
横への動きだしにも筋力で地面をけるのではなく、片足を抜くように体を傾け重心が移動することによって、
その方向に動く。これがまた想像以上に難しい。

私は若い時にアメフトを10年ほど、かなりハードに打ち込んできたので、
余計だったかも知れない。

シューズも全く異なり、アメフトのスパイクの裏には踵以外の前の部分だけで5本のポイントが付いている、
爪先立ってもスパイクが滑らないようになっているのである。
そのため横に動く場合逆の足で地面を力強く蹴って、動き出す。
もともとの姿勢が非常に低いため、セットの位置から体を傾けることは出来ない、筋力がないと
素早く動けない。筋力にたよる。
そのため短いダッシュでも非常に疲れてしまう。
それ故か、動いているインプレイの時間は非常に短い。
この動きではとてもテニスのように何時間も動いてはいられない。

体に染みついた動きというのは簡単には変わらないらしい。
アメフトやめて40年近くも経っているのに・・・・。

この動きだしをある程度自分のものになるのに一年もかかってしまった。
種目が変わればこんなにも体の使い方が変わるとは、思ってもなかったこと。
アメフトをやったことが災いとも言えるぐらい!!!

テニスの動きができると本当に疲れない。
不思議なくらい!!

先は長いなあ・・・!